FQRCスポーツラリー


シリーズ名称&第?戦 JMRCイーストラリーシリーズ 第5戦
日時 ’09 8/1〜2
場所 栃木
クラス
参加車両 ランサーエボリューションV(CP9A)
エントリー Dr:内田正樹 Nv:太田弘志
Dr/Nv Dr
参加台数 C:10 B:17 A:4 計32台
天候 小雨&濃霧
路面 ウェット


 
今年は参加するよ

 5月の長野戦、6月のクローズドラリーときて7月は峠アタックタイムアタックイベントで8月のこのラリー。今年は月イチで何かしら参加してます。イースト戦といえば2007年まではターボ車のリストリクター規制無し、2008年は規制あり、そして2009年からは再び規制無しに戻ったシリーズ。結局リストリクターを装着することなく来てしまったmyランサーは指をくわえて見ていたら規定が戻ってきたというなかなか珍しいケースにはまったようです。規定に合致する車両となったので2年前には一度あきらめたリストリクター無しの細尾峠のラリーに参加です。でもきっと雨なんだろうな(笑)

 ラリーの前週に群馬サイクルスポーツセンターでの峠アタックに参加して(今回も連チャンイベントだ)車をメンテする時間が無かったので前日金曜日に有給を取ってブレーキエア抜き&タイヤ交換。この時期の割に天候が不順でなかなか晴れない。まあ暑くならないのはエアコン無し車にはむしろいい方か。
 
ラリー当日

 当日は朝10時半に八王子を出発。例の地方高速道路¥1000恩恵に預かり八王子ー圏央道ー関越道ー北関東道のルートを選択。が、八王子ー八王子JCTの中央道区間で渋滞、関越道も渋滞。うーむやはり混むなあ。それでも高速道路区間が長かったおかげか現地着は14時ちょっと過ぎ。受け付け開始20分前に着いてしまった。なんだかんだ言っても高速道路の威力ですね。

 今回はサービスは無し。ここ最近サービスありのラリーばかりだったので珍しい。同日に西東京でクローズドラリーがあり、そのオフィシャルでチーム員が駆り出されてしまったため。こういう時は仕方ないです。いつもはスペアタイヤを2本持ってきて1本だけ積んで走ってサービスにもう1本持っていてもらうのだが、今回は1本積み分のみ。慎重に走らないと。

 ナビは2007年に出ていた時にもお願いしていたメカニック太田。今年初ラリーということでライセンス更新も直前になったので仮ライセンス参加。
 
受付〜スタート

 いつもここで行われるラリーの場合大体受付に間に合わないのだが、今日は間に合ってしまった。なので受付で1番に並んでみる。14時30分受け付け開始・・・・と思いきや受付に誰もおらずまだ準備中だった。10分ぐらいして受付開始。

 受付してもらって車検の準備。ゼッケンを貼って装備品出して・・・・なんだか今日は手際が悪い。今年もう2戦出ているので手順を忘れているということは無いはず。気候のせいか? 

 車検は技術の方に「今年はシートベルトの取り付けは大丈夫?」と聞かれ「???」の状態に。どうやら兄のランサーと間違えられていた模様。以前FQRCかMSCCのラリーで兄のランサーのベルト取り付けで指摘があったことを覚えていたらしい。でもその車ではないです。

 それ以外は問題なく車検通過。車検しつつパラパラと雨が。周囲の山を見ると上の方はすでにガスで覆われている状態。こりゃあ雨&霧のラリーになるなあ、ということでヘッドライトと補助灯にガムテープでまゆげ工作。気休めです。

 ドラミでは2,3指示書のミス部分の指摘があったぐらいでさらっと終了。

 今回はゼッケン8番。Cクラスが10台なので後ろの方だ。今年のポイントも無ければ最後のFQRCのラリー参加が2006年だから実績的にもゼロ状態だから順当なゼッケンだ。ある意味やりやすい。

 時間になってスタート。フリースタートでどんどん出していくので少し早め。

今回のラリーの設定はこんな感じ
足尾銅山観光 集合、受付、ドラミ
2CP 船石上り
4CP 細尾上り 日光→足尾
6CP 細尾下り 足尾→日光
8CP 船石上り
二荒レストセンター 中継
10CP 細尾上り 日光→足尾
12CP 細尾下り 足尾→日光
二荒レストセンター ゴール
 
霧な1ステ前半

 スタートして足尾の市街を抜ける。例年通り町の方々が手を振ってくれる。とても気恥ずかしく何回やっても慣れない。きっとスター性が無いってことか。

 市街地を抜け細尾峠に行きそうになるのを銀山平方面へ。途中の広くなったところでOMCP。試走車がFFなので出てきた距離は短め。この辺りで行われるラリーはなぜかいつもラリー区間が合わないんだよなあ、なんて思いながら時間調整してラリー区間へ。

 道は全体的にウェット。辺りは霧で少し道が見えにくい。少し行くと例年通りにコマ図にCP。1CPを通過してすぐに再スタートで船石線上りのハイアベ。ここはCクラスではアベ59でも乗れてしまうことが多い道だ。カウントダウンでハイアベスタート。スタートしてしばらく行ったところでオンタイム復帰。ところが久しぶりのコンビのせいかファイナル読みでぎくしゃく。え?先行?遅れてる?と疑問をもちつつの走行となってしまい、最後に少し遅れて3秒遅着。後半は霧も出始めていたので最後の最後で乗せられなかった。走りとしては道の状況からすれば無難レベル。

 ゴールの2CPを通過して細尾峠へ。途中少しラリコンの時間がずれていたので時間の入れ直し。このずれの分をどうするかちょっと悩んだが細尾峠までの移動区間での距離の出方で考えることに。

 日足トンネルを抜けて細尾峠の日光側へ。今年の細尾峠は足尾側の土砂崩れ通行止めで日光側の往復になっている。日足トンネルを抜けたところですでに濃霧。あやうく旧道入り口を見逃すところだった。

 旧道に入って時間調整。距離のずれと時間の入れ直しの傾向が一致したので次の受けCPはオンタイムで入ることに。時間調整後走り出したらすぐにCPが! 調整する間もなくファイナル上で2秒遅着でCPイン。予想していたより手前だったよ。

 ここから細尾峠上りのハイアベ59。再スタートで全開で上る。再スタートなのでペースノートも初めから。が、濃霧で先が全然見えません。特にスタートしてすぐは路面もぬるぬるでアクセル踏めば滑る、ブレーキ踏んでも滑る、でおっかなびっくりの走行。霧に阻まれてペースも上がらずペースノートの方に先行されてしまう状態に。

 ヘアピン立ち上がりでストレートに入るといきなり道を見失う。ヘッドライトはハイビームだが補助灯はロービームぐらいが速度と霧のバランスが取れるところか。霧で路面も見えないので1カ所ギャップで車がはねて危うく土手に張り付きそうに。こえ〜。それ以外もずっとアクセルとハンドルを探り探りの走行。全然速く走っている気がしない。峠を上りきる少し前ぐらいでナビがヒーターON。これまで細尾峠の上りでいつも水温が上がってしまっていたので今回はレーシングクーラントにしてきたがそれでも上がるか。霧のせいで1速多用だが根本的に足りてないのかな〜?

 上りきったところでゴールCP。結局全線霧だった。ここまで濃霧も久しぶりじゃないかな。

 Uターンして全車上ってくるまで待機。問題はいつもは通しで使うところを途中で切られてしまったので、下りのペースノートがどこからか?ということ(持っているのは通しのペースノート)周囲のコーナーでなんとか「ここかな?」というところの目星を付ける。霧だからペースノートの有効性は大きいはずだから結構真剣。
 
やっちまった

 全車上がってきて先行車が下りきったようなので下りのハイアベが始まる。下りもアベ59。再スタート脇にCクラスでリタイアした車両が停めてあった。霧で道が見えなかったのかフルラップ衝突状態。うーん怖いなあ。

 順番が来て再スタート準備。一番前になって目の前のコーナーを見るとさっき目星をつけたペースノートのコーナーとなんだか違う。外れか。仕方がないので走りながら探すことに。そんなこんなで下りスタート。

 スタートしてしばらくは道を読みあげながら走行。合っているところを探してもらう。霧でペースが上がらないのでコーナーリング速度が遅くなんとかなる。10コーナーぐらいで目標物が見つかってペースノート復帰。ほどなくして霧が薄くなってきた。補助灯側もハイビームにしてペースアップ。霧で踏めなかったフラストレーションを晴らすかのごとく踏んでいった・・・・・

 少し長いストレートエンド。その先はR2ぐらいのコーナー。手前のストレートで少し速度が乗りすぎたかな?と思ったが、比較的気分が乗れてきたのでいけいけーで少し詰めるイメージでブレーキ開始。だがリアが泥か落ち葉に乗ったようで車が左右に振れ始めた! やばいと立て直そうとするが発散方向に。ある程度発散してスピン状態に。勾配があるので道に対して車が真右を向いた状態でつつーっと滑っていく。次がR2のコーナーなのでこのまま滑っていってくれればなんとかクリアできるか?! と思っていたところで車速が落ちてきた。車速がある程度落ちたらタイヤが急にグリップして車が前方向に。

そっちは!!! Nooooooおおおおおおおおお!!

 「ゴンっ」

 というにぶい衝撃と共に車が止まった。補助灯が割れたみたいで右前のライトが角度が変だ。道幅が無いので切り返してなんとか進行方向に車を進める。右前近いところでぶつかったのでオイルクーラーが心配だがオイルのにおいはしていないのでそのまま走ることに。しばらく放心状態だったみたいでペースノートが上の空。霧が薄くなっていたので有視界でもなんとかなった。ナリで走ってゴールCPへ。

 ゴールCP通過後広いところで車の前部確認。右の補助灯はレンズが割れて向きもあっち向いてホイ。中のバルブは生きている。ヘッドライトは当たった跡はあるが割れてはいない。メインの衝撃はガードで受けたみたいでガードの端が上にめくれている。そのおかげでインタークーラーの縦寸のうち1/3ぐらいが押されている。パイプ類は暗くてよく見えないがぶつかってからの下り区間を考えるとやぶけてエアを吸っている感じはなさそう。あとは無残にひしゃげたフロントパンパー。穴があいてレインフォースが見えている。ボンネットの端も当たった跡が。ここは叩けない場所なんだよなあ・・・・

 とりあえず走ることはできそうなので、次のハイアベに向かう。移動区間が長いので次のハイアベ前のノーチェックエンドで10分程度の残り時間。

 ここで割れた補助灯にクリアのテープで光源が直接見えないように対処。パンパーも外れそうなのでガムテープ貼りで対処。とりあえず完走は目指せるかな。対応が終わったところで時間調整終了。バタバタだ。

 時間調整後ローアベで受けCPへ。船石線上りの2回目だ。受けCPは1CPと同じコマ図CP。その先の再スタートも同じ場所だ。
 
あれ?

 船石線ハイアベ2回目スタート。霧は1回目よりは濃いめか。でも細尾峠ほど濃くはない。スタートして少し行った右コーナーで三停板+踊る人が。2番前の小西さんだ。1回目の細尾がよかったのにもったいない。小西さんに気を取られたのかストレートエンドでファイナルがなかなかプラスにならない。1回目とほとんど走りは変わっていないはずだが・・・・? その後もできるだけ踏んで行くもファイナルはどんどんどんどん遅れていく。おかしい、いくら霧が出ているとはいえここまで乗れないはずはない。走りながらナビにラリコンに入力されているアベを確認してもらうも問題無い。そうこうしているうちにゴールCP。ここも2CPと同じ場所。なのに今回は10秒おくれ。なんでー?

 どうもインタークーラーがつぶれてしまっているのが影響している模様。ターボ車はインタークーラーつぶれてエアの流量が規制されると途端にパワーが無くなってしまう。やっかいなのはドライバー自身は頑張って踏んでいるからいつもと同じ感覚なのにタイムを取ると遅いということ。ターボ後にリストリクターついているようなものだ。いつもは5秒は先行する道で2kmで10秒遅れるのだから・・・・普段よりもキロ7.5秒も遅い!! ウェット+霧とはいえこれはさすが勝負にならないね。うーん、ダメだこりゃ。

 ここで1ステ終了。

 林道を出てガスコンへ。ここでの燃費は4.7km/l 霧の割には踏んでいる方かもしれないが、インタークーラーつぶれてターボに負担がかかっていることを考えるとこの数字はあてにはならない。

 ガスコンを出ていろは坂を上って中継へ。
 
中継

 中継では車の確認。インタークーラーつぶれの他にインタークーラーに入るホースがねじれてここでも通路が狭くなっている。他にはパワステのクーラー配管も押された跡が。右のヘッドライトの光軸がえらい下に下がってしまっているので調整してみる。幸い調整機構は死んでいなかったが目一杯上げて左と同じぐらい。取り付け部でゆがんでいそうだ。

 1ステの順位は5位。やらかした箇所で結構長い時間止まっていたのと船石線で10秒近くも食らっているのでこんなもんだろう。2ステはガンバローと思っても車がパワー無しなので無事に完走することが目標に。
 
2ステ

 時間になって2ステへ。いろは坂を下る。いろは坂でも霧は出ているが下りきった辺りの霧が一番濃い。日足トンネル手前で細尾峠へ入る。

 いろは坂を下りながら右のヘッドライトの光軸が高さは問題無いが左右方向で左の方しか照らしてないのでここでは左右方向調整。目一杯右に動かしても足りない。けっこうランプサポートも曲がっていそうだ。

 時間調整後受けCPへ。1ステの反省があるので少し早めに。ほぼオンタイムでCPイン。

 再スタートでハイアベへ。ここのスタートが一番ダッシュが決まったが、スタートしてすぐがL2のコーナーなのであまり意味無し。つうか霧で見えないよ。ここの辺りの霧がこの日一番濃くて補助灯はオフ。ヘッドライトも上向きと下向きをちょこちょこ切り替えながら。走りながら「みえねー」を連発。

 半分ぐらい行くと霧が晴れてきた。下の方に溜まった感じなのか。そこからは通常ウェット路面ペースで走るがヘアピンの立ち上がりで全然前に出ない。とにかくパワーが無い。ならばとリストリクター付き車両の要領で早め早めにシフトアップするが勾配がきついのとトルクもかなり落ちているようで出来の悪いオープンレシオのミッションを積んでいるように失速する。ランサーでこの失速感は無いよなあ。残り1.5kmぐらいからはあまり嗅いだことがない焦げ臭い感じが。ターボに負担がかかっていつもよりも高温になっているのかも。こりゃ通しでやっていたら危ないね、半分で良かったよ、なんて考えていたら助手席からセンターに手が出てきてヒーターON。パワーが出ていなくても水温は上がるのか。

 ゴールCP通過。Uターンする場所を少し先の方まで行って目標物を確認してからUターン。やはり1回目の目星は違っていたことを確認。

 Uターン後のプールで周囲のタイム確認。やはりキロ2〜3秒近く離されている。1回目はほぼ同じタイムで上がってきているだけに差は歴然。無難に完走を目指しましょう。

 2回目のプールはリタイア車両が無かったのとチャレンジクラスが無かったので比較的早めに再スタート。

 下りはさっきやらかしているので要注意。ペースノート見たらしっかり「コーション」が追加されていたよ。

 上りでは下の方が濃霧上の方は晴れていたということは下りは逆。スタートして前半はそれなりに踏んでいく。下りであってもヘアピン部分は比較的平坦なのかいつもの下り感が無い。だからと言って低いギアでいくら回しても回っているだけ。Cクラスでこれはもどかしい。そうこうしていると濃霧区間へ突入。

 そういえば霧の中での走り方のひとつに「いつもよりも高いギアで走る」というのがあったことを思い出した(もっと早く思い出せよ) 霧でアクセルオフで不用意にエンジンブレーキがかかるのを防止するためだ。で、少しでも速くなるのならと実践してみる。エンジンブレーキの減速感が無いので怖い怖い。1カ所エンジンブレーキもかからないままR1のコーナーが見えなくてそのまま「すーっ」と入っていってしまい、慌ててハンドル切って超大回りコーナリングに。もう少しで落ちるとこだった。あぶねー。そこからももうへたれ走り。完走第一です。

 そんなへたれ走りでゴール。
 
ゴール

 なんとか完走です。ナビとお約束の握手をしつつゴール会場へ。ビール買って反省会。最大のミスは1ステのスピン&車両破損。まあびびってぶつかったのではなく、ドライバーが調子に乗ってやり過ぎてしまったのだからまだ救いはあるが・・・・

 それでもぶつかるまではいい勝負ができていただけにもったいないことには間違いない。修理代も少しかかりそう(バンパーとインタークーラーは必須、あとどれぐらいかかるか?)なので今年の参戦計画もちょっと見直しが必要そうだ。

 反省会しつつ眠気に襲われて気がついたら暫定が。1ステから1台に抜かれて6位。2ステでタイムアップ要素が一個も無かったのでむしろ順当だ。そのまま正式結果となって表彰式。何も無いかと思っていたら表彰が6位までということで前に出ることに。まあ何かもらえるのはうれしいよね。

 表彰式の頃には天候が回復。これも恒例。

 ゴール後確認したらアクセルペダルのラバーが剥がれて金属板だけになっていました。通りでヒールトゥすると変なとこが痛かったワケだ。

 今年はここまで調子良かっただけに調子に乗り過ぎちゃって自滅したラリーでした。つくづくラリーってメンタルなスポーツだよなあ。


結果表 (pdf 形式)

1ステ5位、2ステは6位 トータルで6位


参考:トップタイムとの差

セクション1&2
場所
距離
路面
備考
4CP
5.4Km
舗装上り
細尾上り
6CP
5.4Km
舗装下り
細尾下り
10CP
5.4Km
舗装上り
細尾上り
12CP
5.4Km
舗装下り
細尾下り
うちの減点81919192
クラスベスト減点47413942
順位4/98/96/87/8

6CP手前でスピン&車両破損しているので、それ以降はけちょんけちょん。

唯一まともに勝負している4CPは上位から47,79,80,81,84,89,89と
2位以下は接戦になっていただけに最後まで何事もなければいい勝負が出来ていたのではないかと思います。
うーん、もったいない。


 
ラリーが終わって その1

 約2年ぶりのイーストラリーシリーズ。慣れた細尾峠だと思っていたらしっぺ返しを食らった気分です。
山をなめちゃいけねえ。
 
ラリーが終わって その2

 今回の結果は納得がいかないのでなんとかリベンジしたいところ。
今年後半は長野戦に回ろうかと思っていたけど、都合が付けば同じところ使うラリーにエントリーしようかと思います。


ブラウザの「戻る」で戻って下さい。